ZARD、坂井泉水さんの軌跡
オススメ

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

ゲットマネー

アイコン
amazon

アイコン
最近の記事
アイコン
プロフィール

ZARD 坂井泉水

Author:ZARD 坂井泉水
ZARD、坂井泉水さんのファンブログ

アイコン
カテゴリー
アイコン
ブックマーク

アイコン
ブログ内検索

アイコン
RSSフィード
アイコン
ZARD 
アイコン
オートリンクネット
アイコン
アクセスカウンター

アイコン
ZARD

アイコン
アイコン
アイコン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイコン
アイコン
アイコン
1991年
2月10日、1stシングル『Good-bye My Loneliness』でデビュー。デビューシングルにしてオリコン最高位9位を記録。
3月27日、1stオリジナルアルバム『Good-bye My Loneliness』発売。
6月25日、2ndシングル『不思議ね…』発売。
11月3日、東海大学開発工学部第1回 愛鷹祭(沼津校舎学園祭)にて初ライブを行う。
11月6日、3rdシングル『もう探さない』発売。
12月25日、2ndアルバム『もう探さない』発売。この頃に町田文人、星弘泰、道倉康介、池澤公隆らがメンバーに加入。
1992年
3月、第6回日本ゴールドディスク大賞「THE BEST 5 NEW ARTIST OF THE YEAR」受賞。
4月23日、NACK5「I LOVE CITY」のスペシャル番組のパーソナリティーを担当。
8月5日、4thシングル『眠れない夜を抱いて』発売。ZARDの下地を作る。以降43rdシングル『グロリアス マインド』までシングルは全てTOP10入り。
8月7日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』でテレビ初出演。「眠れない夜を抱いて」を披露。
9月2日、3rdオリジナルアルバム『HOLD ME』発売。アルバムで自身初のTOP10入り。以降8thアルバム『永遠』までオリジナルアルバム連続ミリオン(ベストを入れれば『ZARD BEST 〜Request Memorial〜』まで9作連続ミリオン)。
9月9日、5thシングル「IN MY ARMS TONIGHT」発売。
1993年
大ヒットシングル・アルバム連発で、この年のアーティスト・トータルセールス1位となった。
1月27日、6thシングル『負けないで』発売。自身初のオリコン首位獲得。初のミリオンヒット。年間チャート6位。
2月5日、テレビ朝日「ミュージックステーション」で最後の音楽番組出演。以降音楽番組へ出演することはなく、結果的に最後の出演となった。
4月21日、7thシングル『君がいない』発売。
5月19日、8thシングル『揺れる想い』発売。2週連続1位。ミリオンヒット。年間チャート9位。
6月9日、【ZYYG,REV,ZARD&WANDS featuring 長嶋茂雄】名義で『果てしない夢を』発売。
7月10日、4thオリジナルアルバム『揺れる想い』発売。自身初の首位獲得(通算5週)。年間チャート1位獲得。
9月4日、9thシングル『もう少し あと少し…』発売。
11月3日、10thシングル『きっと忘れない』発売。初登場1位獲得。
1994年
2月2日、11thシングル『この愛に泳ぎ疲れても/Boy』発売。初の両A面シングル。初登場1位獲得。
3月、「負けないで」が春の選抜高校野球入場曲に選ばれる。
3月、第8回日本ゴールドディスク大賞「THE BEST 5 NEW ARTIST OF THE YEAR」受賞。『負けないで』が「BEST SINGLE OF THE YEAR」受賞。
6月4日、5thオリジナルアルバム『OH MY LOVE』発売。ダブルミリオンヒット。年間5位。
8月8日、12thシングル『こんなにそばに居るのに』発売。初登場1位獲得。
12月25日、13thシングル『あなたを感じていたい』発売。
1995年
2月1日、14thシングル『Just believe in love』発売。
3月、日本ゴールドディスク大賞で『OH MY LOVE』が、アルバム賞・ロック・フォーク女性部門を受賞。
3月10日、6thオリジナルアルバム『forever you』発売。年間4位。
6月5日、15thシングル『愛が見えない』発売。
8月28日、16thシングル『サヨナラは今もこの胸に居ます』発売。初登場1位獲得。カップリングの「眠り」は坂井泉水作曲。
1996年
1月8日、17thシングル『マイ フレンド』発売。初登場1位獲得。自身3度目のミリオンヒット。
5月6日、18thシングル『心を開いて』発売。初登場1位獲得。
7月8日、7thオリジナルアルバム『TODAY IS ANOTHER DAY』発売。年間12位。
8月9日、「渋谷フォーラム8」で行われた有線視聴会にゲスト出演。
1997年
この年の後半に「負けないで」が高校の教科書に掲載された。
1月6日、19thシングル『Don't you see!』発売。初登場1位獲得。
2月26日、20thシングル『君に逢いたくなったら…』発売。
4月23日、セレクションアルバム『ZARD BLEND 〜SUN&STONE〜』発売。ベストアルバムと宣伝されたためか、ダブルミリオンヒットになった。年間5位。
7月2日、21stシングル『風が通り抜ける街へ』発売。
8月20日、22ndシングル『永遠』発売。初登場1位獲得。当時話題となっていた「失楽園」の主題歌となり、TOP10に6週間ランクインし、ZARDの代表曲となった。
12月3日、23rdシングル『My Baby Grand 〜ぬくもりが欲しくて〜』発売。
1998年
3月、第12回日本ゴールドディスク大賞で『ZARD BLEND 〜SUN&STONE〜』が「ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」受賞。
3月4日、24thシングル『息もできない』発売。
9月17日、25thシングル『運命のルーレット廻して』発売。初登場1位獲得。
12月2日、26thシングル『新しいドア〜冬のひまわり〜』、27シングル『GOOD DAY』同時発売。
1999年
シングル・アルバム・コラボレートを合わせて8枚リリース、さらに初ライブまで行うという大忙しな年であった。
2月17日、8thオリジナルアルバム『永遠』発売。
4月7日、28thシングル『MIND GAMES』発売。オリコンチャート1位獲得作品。
5月28日、ベストアルバム『ZARD BEST The Single Collection 〜軌跡〜』発売。初動ミリオン、累計300万枚突破。年間2位の大ヒットとなった。またこれと同時にファンクラブ「WEZARD」設立。
6月16日、29thシングル『世界はきっと未来の中』発売。
8月31日、ベストアルバム購入者から抽選された600名を招待して、クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」で初の単独ライブを行う。応募総数は100万通をはるかに越えた。
9月15日、ベストアルバム『ZARD BEST 〜Request Memorial〜』発売。年間14位。
9月15日、小西康陽とのコラボレートで『Can't Take My Eyes Off Of You』発売。
10月14日、30thシングル『痛いくらい君があふれているよ』発売。最後の8cmシングル。
12月1日、31stシングル『この涙 星になれ』発売。ここからマキシシングルに移行。
2000年
1月26日、ライブアルバム「ZARD Cruising & Live 〜限定盤ライヴCD〜」発売。30万枚限定発売。
3月、第14回日本ゴールドディスク大賞で、アルバム『永遠』『ZARD BEST The Single Collection 〜軌跡〜』『ZARD BEST 〜Request Memorial〜』が「ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を初の3枚同時受賞の快挙。
3月26日、IMPホールでファンクラブイベントを開催。グッズ販売やクイズ大会が催されたり、クイズの優勝者には坂井直筆のサインと、坂井泉水とその場で生電話ができるという特典があった。また当時の未発表曲(「promised you」)が流された。
9月6日、32ndシングル『Get U're Dream』発売。シドニーオリンピックのテーマソング(NHK)として、久々の人気となる。
11月15日、33rdシングル『promised you』発売。
2001年
デビュー10周年。この年の後半から翌年にかけて坂井泉水が体調を崩し、休養を取り、1年間音楽制作がなくなる。
2月15日、デビュー10周年記念9thオリジナルアルバム『時間の翼』発売。この作品でオリジナルアルバム連続ミリオンが途絶える(6作)。またアルバム連続ミリオン獲得もここで途切れる(9作、歴代1位)。
11月21日、セレクションアルバム『ZARD BLEND II 〜LEAF&SNOW〜』発売。
2002年
「第二章をスタート」というキャッチフレーズで活動再開。
5月22日、34thシングル『さわやかな君の気持ち』発売。
5月末、ファンクラブ、B-TOWN、ライブ会場限定で、シングルCDコレクション『ZARD BOX』発売。
2003年
本格的に活動再開。2004年のライブツアーまでコンタクトにCDリリースを続ける。
3月27日、hills パン工場のTHURSDAY LIVEで、滴草由実のライブに飛び入り参加。洋楽カバー2曲を歌う。
4月9日、35thシングル『明日を夢見て』発売。
7月9日、36thシングル『瞳閉じて』発売。
8月27日、【TAK MATSUMOTO featuring ZARD】名義で『異邦人』発売。
11月12日、37thシングル『もっと近くで君の横顔見ていたい』発売。この作品で、シングルTOP10入り作品数が通算35作を達成し、女性アーティスト歴代単独1位を獲得した(この時点では総合歴代5位)。
2004年
1月28日、10thオリジナルアルバム『止まっていた時計が今動き出した』発売。オリジナルアルバムの連続1位獲得がこの作品で途切れる。
3月2日、自身初の全国ツアー「What a beautiful moment Tour」敢行。全11公演。7月23日に日本武道館でファイナルを迎える。皮肉にもこれが生出演最後のライブとなった。
6月23日、38thシングル『かけがえのないもの』発売。ライブの時に発売を告知され、武道館でも歌われた。
11月24日、39thシングル『今日はゆっくり話そう』発売。
2005年
4月20日、40thシングル『星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように』発売。11年ぶりの両A面シングル。タイアップ効果がかなり効いて、29thシングル『世界はきっと未来の中』以来5年ぶりのTOP3入り。
6月8日、自身初のDVD『What a beautiful moment』発売。音楽・総合部門共に初登場1位獲得。
9月7日、11thオリジナルアルバム『君とのDistance』発売。
2006年
デビュー15周年。大きな活動は行われなかったが、久々のベストアルバム、15年の活動を集めたDVDが話題となる。
3月8日、41stシングル『悲しいほど貴方が好き/カラッといこう!』発売。
5月10日、42ndシングル『ハートに火をつけて』発売。カップリングの「君へのブルース」は坂井泉水作曲。
6月、坂井泉水が子宮頸(けい)がんと診断される。
10月25日、ベストアルバム『Golden Best 〜15th Anniversary〜』発売。アルバムでは5年8ヶ月ぶりの1位獲得。
10月25日、今までのPVを集めたDVD『ZARD Le Portfolio 1991-2006』発売。音楽・総合部門共に初登場1位獲得。
2007年
4月、坂井泉水の癌が肺に転移し、再入院。
5月27日、坂井泉水、転落による脳挫傷により死亡(40歳)。(坂井泉水の項目参照)。
8月15日、追悼盤CDとして生前、坂井泉水が選曲したセレクションアルバム『Soffio di vento 〜Best of IZUMI SAKAI Selection〜』、スタッフ選曲によるセレクションアルバム『Brezza di mare 〜dedicated to IZUMI SAKAI〜』、オフィシャルブック『きっと忘れない』発売。
9月6日、7日、大阪フェスティバルホールにて、9月14日には日本武道館にて追悼ライブ「What a beautiful memory」開催。
12月12日、43rdシングル『グロリアス マインド』発売(10月15日から『名探偵コナン』のオープニングテーマとして放送開始)。
12月31日、フィルムコンサートをNHK大阪ホールで開催。コンサートの一部は第58回NHK紅白歌合戦(NHK)で放送された。
2008年
1月14日、坂井が生前、何度も主題歌を手掛けた名探偵コナンのオープニングテーマに『Good-bye My Loneliness』のカップリング曲・『愛は暗闇の中で』でが採用された。本来なら新曲が起用されるタイアップ曲の中でこのような前例はほとんどなく、業界の間でも極めて珍しい事である。
1月19日、「What a beautiful memory 2008」ツアー開始。全国13ヶ所15公演。
1月23日、ファンのリクエストによるベストアルバム『ZARD Request Best 〜beautiful memory〜』を発売。初登場1位を獲得。アルバムでは『Golden Best 〜15th Anniversary〜』以来1年3か月ぶりの1位獲得。アルバムの1位獲得作が11枚目となり、女性ボーカルグループのものとしてはDREAMS COME TRUEと並び最多である。なお、当アルバムは当初は2007年秋に発売予定だったが、その後延期が発表された。
4月9日、44thシングル『翼を広げて/愛は暗闇の中で』発売。前作に続いて初動売り上げが5万枚を超えオリコンチャート3位を記録。これによりシングルトップ10獲得数が42作になり、2008年4月の時点でB'z、サザンオールスターズ、SMAPと並んで歴代トップとなった。

「ZARD」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)
スポンサーサイト
アイコン
// ZARDが好きです //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。